Concept

コンセプト

トップページ / コンセプト


今、求められている英語教育とは?

2020年からは大学入試英語で
「話す・聴く・書く・読む」
という英語の4技能が出題されます。
お子さんが大学入試までに必要な
英語スキルを学ぶためには、
小学校・中学校の段階から4技能すべてを
バランスよく学ぶ必要があるのです。

英語4技能:話す、聴く、読む、書く


英文法だけでは通用しない
時代がもう来ています!


日本の英語教育は
大変革中です。

2020

  • 小学5、6年生:英語が正式教科
  • 大学入試:リスニング配点が筆記と同じ100対100

2021

  • 高校入試(千葉県立):英語の試験時間10分延長
  • 高校入試(東京都立):英語スピーキングテスト実施


スーパーイングリッシュは
親御さんの

こんな願いに
お応えします!


  • 英語を得意科目にさせてあげたい
  • 将来英会話のできる子にしたい
  • 正しい発音方法を学ばせたい
  • 外国人と英会話する機会を与えたい
  • 英検に合格させたい


スーパーイングリッシュの
目指す英語教育

スーパーイングリッシュ代表

長岡悦三郎

私共Super Englishは、進学塾だからこそ出来る実用性があり、学校学習にも役立つ小学生・中学生専門の英語4技能教室です。学校学習や高校大学入試で活かせる“英語の読む&書く力”だけでなく、会話ができる“英語の話す&聴く力”も育成して、お子さんに活きた英語力を身につけさせることを目指します。

“話す&聴く力”の育成は大変だと思っている方が多いですが、実はそんなことはありません。きちんとした訓練と指導をすれば、生徒さんは確実に“話す&聴く力”を伸ばします。言語の習得とは、本来は“話す&聴く力”から伸びるもです。単に、日本の子供達は、そのための指導と訓練の機会がないだけです。

「学校のALTの先生や、街で出会った外国人に、積極的に話しかけなさい!」と、お子さんにいきなり言うのは、泳げない人をいきなり海に投げ込んで、泳いで来い!と言うのと同じです。段階的に“水に慣れること、手足の動かし方、呼吸のやり方など”を学んでいけば、たいていの方は、個人差はありますが、泳げるようになります。英語も英会話も同じです。きちんとした指導と訓練の機会があれば活きた英語力を身につけることができます。

私共Super Englishは、学校学習や受験で困らないだけでなく、海外旅行や留学・仕事で英語を使える、活きた英語力を、国内学習だけで育成できる教育を目指しています。

どうか、想像してみてください。将来お子さんが海外や職場で、自然と外国人と会話をしているご様子を。お子さんの世界や視野、そして可能性は、限りなく広がっていくでしょう。

そんなお子さんの素晴らしい未来づくりを、どうか私共にお手伝いさせてください。


Curriculum

Learn more

こちらも是非ご覧ください!

Inquiry

お問い合わせ

TEL.

お気軽にお問い合わせください

0476-47-2987

受付時間:16:00〜20:00(月〜金)

Email

お気軽にお問い合わせください

Mail Form

24時間受付